京都 介護・福祉サービス第三者評価Webサイト

当サイトでは京都の介護・福祉サービス事業所を第三者の目で評価した結果を公表しています。

(ページのタイトル)

社会福祉法人 行風会 が運営する介護施設「特別養護老人ホーム大原ホーム (京都市左京区)」は、組織運営やサービス提供内容について第三者による評価を受け、サービス改善への「気づきを深め、質の向上」に取り組んでいる事業所です。

評価結果は、PDFで公表しています。そのため印刷時には評価結果公表セクションは非表示となります。

次は事業所評価を公表するためのエリアです。

(タイトル)評価結果

  • 、この事業所の評価結果をPDFでダウンロードすることができます。
    年度 受診サービス 評価機関 ダウンロード
    2021年度 介護老人福祉施設 一般社団法人 京都ボランティア協会 PDF
  • 2021年度 介護老人福祉施設 一般社団法人 京都ボランティア協会 PDF
    2018年度 介護老人福祉施設 一般社団法人 京都府介護老人保健施設協会 PDF
    2014年度 介護老人福祉施設 一般社団法人 京都府介護福祉士会 PDF
    2011年度 介護老人福祉施設 一般社団法人 京都府介護福祉士会 PDF
    2009年度 介護老人福祉施設 特定非営利活動法人 きょうと介護保険にかかわる会 PDF
    2007年度 介護老人福祉施設 一般社団法人 京都府介護福祉士会 PDF、すべての評価結果の読み上げは以上です。

    評価結果は直近の5件分を公表しています。

評価結果のPDFでのダウンロードエリアの読み上げは以上です。

この事業所は第三者評価を2021年度2018年度2014年度2011年度2009年度2007年度に受診しています。
繰り返し評価を受けていることは、サービスの質の向上や改善に向けた取り組みを積極的かつ継続的に行っている事業所と言うことができます。

評価公表コンテンツの読み上げは以上です。
(タイトル)

京都市内から約15分弱でありながら、豊かな自然環境と歴史を感じられる大原に位置しており、療養環境として申し分ありません。また京都大原記念病院が併設しており、協力医療機関として緊急時の対応や定期受診、健康診断等も対応しております。
当施設は看取りの施設でもあり、ご利用者が安心してその人らしく最期まで過ごしていただけるよう、施設長以下スタッフ一同取り組んでおります。
京都バスや当グループシャトルバスの本数も豊富で、市街地から離れていながらも比較的アクセスは容易です。

事業所からのメッセージの読み上げは以上です。
事業所の基礎データを読み上げます。
事業所の名称は、 社会福祉法人 行風会
特別養護老人ホーム大原ホーム、です。
住所は、 〒601-1245
京都府京都市左京区大原戸寺町380、です。
電話番号は、 075-744-3510、です。
FAX番号は、 075-744-3535、です。
WebサイトURLは、 https://kyotoohara.or.jp/facilityservice/oharahome_sn/、です。
事業所の基礎データの読み上げは以上です。

※ 上記の情報(法人格・法人名称・事業所名称・所在地等)は、第三者評価公表時のものです。

このエリアは Google Map による地図表示エリアです。この事業所の位置が、マップ上に表示されています。 地図表示エリアは以上です。
次のコンテンツは、この事業所のその他の情報エリアです。

(サブタイトル)詳細

理念「利用者様の不安を取り除き、いつでも安心して、ご満足していただける医療・介護サービスを真心こめて提供いたします」

行動方針「快適な環境の中で、最期まで安心・安全にその人らしく過ごしていただける施設・地域サービスを目指します」

(サブタイトル)その他

定員:
特別養護老人ホーム110名
短期入所生活介護 10名
デイサービス 30名

(サブタイトル)交通手段

地下鉄烏丸線国際会館駅~大原方面バスにて「花尻橋」20分弱~徒歩5分
京阪出町柳駅~大原方面バスにて20分~徒歩5分 

※シャトルバスも随時運航しております。詳細は京都大原記念病院グループホームページをご確認ください。


次のコンテンツはこのページのURLを、クリップボードへコピーするためのユーティリティエリアです。クリップボードへコピーするためのボタンがあります。
ボタン、

URLをコピーしました。

このページのURLは、https://kyoto-hyoka.jp/特別養護老人ホーム大原ホーム/です。
事業所評価公表ページ「特別養護老人ホーム大原ホームの評価公表ページ」のQRコード
次のコンテンツはこの事業所に関連するワードを表示するエリアです。関連ワードそれぞれは当サイトのカテゴリーのリンクになっています。
(サブタイトル)関連するワード