京都 介護・福祉サービス第三者評価

京都の介護や福祉サービス事業所を第三者の目で評価し公表している第三者評価サイトです。

支援機構からのお知らせ

平成23年度[福祉サービス]評価調査者養成研修の開催について(受講者募集)

[福祉サービス]調査者養成研修を開催いたします。
本研修への申込要件は、京都府認定の「評価機関」から推薦を得られる方が対象となります。

受講ご希望の方は開催要綱の内容をご確認いただき
応募頂きますよう、お願い致します。

★申込〆切:平成23年12月20日(火)必着★

<平成23年度 福祉サービス等評価調査者養成研修 開催要綱>抜粋 

●趣旨:福祉サービス等第三者評価事業において評価調査者が適正に第三者評価を行なうために必要な知識および技能を修得することを目的に開催するものである。
●実施主体:京都介護・福祉サービス第三者評価等支援機構
●日程・会場
 【保育分野】1日目 1月13日(金)社会福祉会館(二条城北)第1会議室
 【保育分野】2日目 1月30日(月)社会福祉会館(二条城北)第1会議室
 【保育分野】3日目 2月中   保育施設実習
 【保育分野】4日目 3月6日(火) ハートピア京都 4階 第4会議室

 【障害分野】   2月28日(火)  社会福祉会館(二条城北)第1会議室

 ※本研修では、保育分野と障害分野の研修を開講しますが、障害分野のみの開講はいたしません。
  障害分野希望者は保育分野1~4日目の研修の受講に併せて障害分野の課目(2/28)を受講してください。

 ※【児童分野】の追加受講について
  後日開催予定をしております。
  現在、最低基準改定に伴い、評価基準のガイドラインの見直し作業が国において進められています。研修につきましては、進捗状況を見ながら別途ご案内させていただきます。

 <会場> 会場へは公共交通機関をご利用ください。
 ○京都社会福祉会館(二条城北) 
  京都市上京区堀川通丸太町下る 
  tel:075-801-6301

 ○ハートピア京都
  京都市中京区竹屋町通烏丸東入清水町375 
  tel:075-252-6292(京都府社会福祉協議会 福祉経営推進室(直通)

●受講申込要件              
 ※経験年数は、平成23年12月1日現在とします。
 下記①~③要件のうち、いずれかに該当する者であって、京都府より認定された評価機関(認定を申請している者を含む)から推薦が得られる者。
 ①施設長、副施設長等組織運営管理業務の3年以上の実務経験者。
 ②福祉、医療、保健分野の有資格者又は学識経験者であって3年以上の業務経験を有する者。
 ③社会福祉に関する基礎的な知識と理解を有する者で、公正・中立的に利用者から聞き取り等が行なえる者

●募集定員 :30名程度
 施設実習日・実習先については、希望日を踏まえ、事務局にて調整します。

●研修修了者について
 研修の全課程を修了した者は、京都介護・福祉サービス第三者評価等支援機構が作成する研修修了者名簿に研修修了者として登録されます。

●一部課目免除について
 (1)課目の免除について
   以下に該当する方は、研修第1日目の「第三者評価の理念と基本的な考え方」、「第三者評価の全体像」、「第三者評価の流れ」、「評価調査者の役割と倫理」を免除することができます。
   ・介護サービス評価調査者養成研修修了者(京都府介護保険サービス評価調査者養成研修修了者含む)
   ・全国社会福祉協議会実施評価調査者養成研修修了者。
   ・他府県における社会福祉サービス等評価調査員研修修了者。

 (2)研修第3日目(実習)について
    保育分野の施設実習をしていただく必要があります。
   (障害分野の修了を希望であっても、保育分野の実習となります。)
    実習先は事務局にて調整しますので、希望はお受けできません。

●分野別に追加受講をされる方について
  昨年度以前の福祉サービス等評価調査者養成研修修了者で分野を追加される方については、下記の受講が必須となりますので申し込みをして下さい。

 【保育分野】1月13日(金) 14:30~17:00 第三者評価基準の理解と判断のポイント①

 【障害分野】2月28日(火) 13:30~16:30 第三者評価基準の理解と判断のポイント

●受講料
  ・新規(保育分野)          19,000円 (実習費含む)
  ・新規(保育・障害分野)       21,000円 (実習費含む)
  ・分野別(追加)受講者 保育所・障害 各3,000円

  ①受講料は指定の口座にお振込をお願いします。(受講決定通知に記載します)
  ②欠席等により全課程を受講できなかった場合でも受講料の返還はできません。
   (欠席等で全過程を受講できなかった場合は修了できません)
  ③会場等への交通費及び研修期間中の昼食・宿泊費等は自己負担となります。

 ※受講定員の空き状況により下記の枠組みで部分受講もできます。詳しくは事務局までお尋ねください。
         
 ①第1日目 (受講料)5,000円 
       (受講対象)第三者評価介護分野審査委員、修了済サーベイヤー
 ②第2日目 (受講料)5,000円 
       (受講対象)第三者評価介護分野審査委員、修了済サーベイヤー
 ③障害分野 (受講料)3,000円
       (受講対象)第三者評価介護分野審査委員、修了済サーベイヤー 
 ④第2日目・3日目(実習)・第4日目 (受講料)15,000円
                    (受講対象)修了済サーベイヤー

 複数の年度に部分受講をしても、福祉サービス評価調査者にはなれません。
(研修を修了したことにはなりません。)

●申込方法:
 別添「福祉サービス等評価調査者養成研修受講申請書」により必要書類を添付の上、評価機関毎にまとめて、下記事務局まで郵送にてお申込ください。申込締め切り後、受講決定通知を受講者宛に送付します。

●申込締切 <当日必着>  平成23年12月20日(火)

※申請書の注意事項にご留意いただき、必要書類の準備をお願いいたします。
※申請書等にご記入いただいた個人情報については、個人情報保護法令等を遵守し、介護・福祉サービス第三者評価事業以外の目的には使用しません。

●お問い合わせ・申込先
 京都介護・福祉サービス第三者評価等支援機構 事務局

 〒604-0874 京都市中京区竹屋町通烏丸東入清水町375 ハートピア京都5F
 京都府社会福祉協議会 総務部福祉経営推進室 (担当:矢野・佐々木)
 mail:yano@kyoshakyo.or.jp tel:075-252-6292/fax:075-252-6310

支援機構ホームページ:http://www.kyoto-hyoka.net

H23年度【開催要項】(福祉)
H23年度【申請書】(福祉)
H23年度【申請書(別紙)】(福祉)


【支援機構NEWS No.12】発行しました

支援機構NEWS No.12】発行しました

 ・平成24年度より、「社会的養護の施設」の
  「第三者評価」受診が義務化
 ・ちょっと気になる・・・・ 第三者評価の流れ
 ・23年度「受診申請状況」(11/20現在)
 ・新たな「評価機関」:京都府介護支援専門員会
 ・VOICE(受診アンケートより)

ご意見等お聞かせください。

「新規受診事業所 随時受付中!」

<問い合わせ>
京都介護・福祉サービス第三者評価等支援機構 
事務局(社会福祉法人 京都府社会福祉協議会内)

京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375 ハートピア京都5F
社会福祉法人 京都府社会福祉協議会内
TEL.075-252-6292
FAX.075-252-6310

コチラをクリック
↓ ↓
【 支援機構NEWS No.12 】


「プレ評価」出張講座の「実施報告」と「受講事業者の募集」について

「第三者評価を受診してみたいけど、なんだか難しそう。」
「評価者から見て、当施設のサービスがどう写るのか不安。」

そんな不安を抱かれている事業者の方々へ朗報!
第三者評価の意義等をわかりやすく解説し、実際の評価も体験できる「出張講座」、好評開催中です。
 
会場を準備していただければ、無料で講師を派遣します!
この機会に、是非“第三者評価”に触れてみてください!!

【出張講座 カリキュラム】 
 1 第三者評価の目的と意義 (30分)
 2 評価基準の考え方    (30分)
 3 プレ評価        (60分) 
   プレ評価では、参加者の皆様に実際の評価に取り組んでいただきます。

【受講者の声】
 既に5団体が受講され、次のような声が寄せられています。

・「監査」や「粗さがし」ではなく、「ポジティブアシスト」であることが理解でき、取り組みたいと強く思った。
・自己評価に対する考え方を見直し、意見交換ができ、日頃実践してしている振り返りにつながると感じた。
・第三者評価の「意味」や「目標」が理解できたと同時に、「受診」後、サービスの向上につながるなどがよく分かった。
・第三者評価とは何のための実施するか漠然としていたが、プレ評価を受け、具体的な根拠を聞くことで、より必要性を感じた。

【受講申込みについて】
・募集数: 20件 (現在、実施済みを含め、11件申込済)
・費 用: 無料(ただし、会場は受講者において準備願います。)
・申込みや御質問については支援機構事務局まで(TEL 075-252-6292)
・開催日時など、可能な限り対応しますので、気軽にご相談ください。

(参考:「プレ評価」報告記事掲載号)

【 支援機構NEWS No11 】1P
【 支援機構NEWS No11 】2P
【 「プレ評価」開催実績(終了分)】20111115現在


支援機構HPへのアクセス数が急増

支援機構HPへのアクセス数が過去最高を記録しました。

事業所へ向けた「プレ評価」出張講座の開催や、利用者に近い家族やケアマネジャー、また事業所選びをする求職者への発信など、積極的に展開したことによるものと思われます。

【 支援機構HPアクセス数 推移 】2011.11.1


【支援機構NEWS No.11】発行しました

【支援機構NEWS No.11】発行しました

 ・好評開催中「プレ評価」出張講座
 ・「プレ評価」出張講座 配布資料(一部抜粋)
 ・23年度「受診申請状況」(10/20現在)
 ・「評価結果」見せ方のススメ

ご意見等お聞かせください。

「新規受診事業所 随時受付中!」

<問い合わせ>
京都介護・福祉サービス第三者評価等支援機構 
事務局(社会福祉法人 京都府社会福祉協議会内)

京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375 ハートピア京都5F
社会福祉法人 京都府社会福祉協議会内
TEL.075-252-6292
FAX.075-252-6310

コチラ
↓ ↓

支援機構NEWS No.11 】


福祉サービス第三者評価調査者(障害分野)フォローアップ研修のお知らせ

フォローアップ研修を下記の日程で開催いたします。

=================================
 11月2日(火)13:30~ ハートピア京都 3階 視聴覚室
=================================

今回は、福祉サービス評価調査者(障害分野)養成研修修了者や
評価機関審査委員会委員に加えて、第三者評価受診を予定されている
事業所も参加対象となっております。

詳しくは、添付の開催要綱とカリキュラムをご覧下さい。

 締切 10月20日(水)必着

なお、調査者査者の申込みは評価機関を通じてお申し込み下さい。

フォローアップ研修 開催要綱

フォローアップ研修 開催要綱 (事業所用)

フォローアップ研修 カリキュラム


平成22年度 福祉サービス評価調査者養成研修の開催について

福祉サービス調査者養成研修を開催いたします。
本研修への申込要件は、京都府認定の「評価機関」から推薦を
得られる方が対象となります。

受講ご希望の方は開催要綱の内容をご確認いただき
応募頂きますよう、お願い致します。

申込〆切:平成22年11月12日(金)(当日必着)

開催要綱

カリキュラム

申請書・別紙1~3、評価機関一覧表


「プレ評価」体験ができる「出張講座」。講師を派遣します!

「第三者評価」について、
ちょっと「聞きたい」「知りたい」事業所に朗報です。

「プレ評価」体験ができる「出張講座」メニューを企画しました。
講師を派遣しますので、まずはご相談ください。

現在「第三者評価」の受診を検討している事業所が増加傾向にあり、
そのお声に応えるべく「プレ評価」体験できる講座です。
「事業の意味や効果を知りたい」「評価体験をしたい」」「地域の事業所協議会等で取り組みたい」「法人内の複数事業所で実施したい」という団体・法人・事業所は、この機会をご活用ください。
講師派遣料は無料です。
(日程の設定と、会場のみご用意ください)

 ●対象:介護・福祉事業所・施設種別団体・職能団体等
 ●内容(例):1講座(120分)
        ① 第三者評価事業の目的と意義(30分)
        ② 第三者評価基準の考え方 
          何を求めているか、そのエヴィデンスは何か(30分)
        ③ プレ評価体験-自己評価と第三者評価の違い(45分)
        ④ 総評(15分)

 ●問い合せ・申し込み:京都介護・福祉サービス第三者評価等支援機構 
         事務局(京都府社会福祉協議会 総務部 福祉経営推進室)
  〒604-0874 
  京都市中京区竹屋町通烏丸東入清水町375 ハートピア京都5F
京都府社会福祉協議会 TEL:075-252-6292 / FAX:075-252-6310

※〆切を9/30と明記しておりますが、好評につき可能な限り対応させていただいております。まずは事務局へご相談ください。(法人単位の実施も可)

出張講座案内(PDF) 法人・事業所
出張講座チラシ(PDF)
出張講座申請書(Word)


平成24年度より「社会的養護の施設」の第三者評価受診が義務化。

「全国評価事業普及協議会」が開催されました。

●京都府は全国2番目の件数。任意実施では全国TOP!
●平成24年度より「社会的養護の施設の第三者評価受診が義務化されます。

平成23年10月24日(月)全国社会福祉協議会において「平成23年度全国評価事業普及協議会」が開催され、全国の評価推進機関等が集まりました。

 会議では厚生労働省社会・援護局福祉基盤課高橋洋一課長補佐の行政説明の他、全国社会福祉協議会からは平成22年度の実施状況等について報告がありました。平成22年度は全国で2,985件の受診があり、内、東京都が1,979件(66.3%)と全体の約2/3を占めています。これは東京都においては受診が義務化されているという要因があります。京都は207件(6.9%)で東京都に次いで2番目の件数ですが任意受診のなかではトップの受診件数となっています。以下、上位は神奈川県(148件)、愛知県(110件)、大阪府(80件)となっています。

 また、児童福祉施設最低基準の改正(平成23年9月1日公布、平成24年4月1日施行)のなかで「社会的養護の施設の第三者評価の義務化」についての説明がなされました。この改正で、社会的養護の施設のうち乳児院、児童養護施設、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設、母子生活支援施設については第三者評価の「3年に1回以上の受診と結果の公表」が義務付けられました。これに伴い、各種別協議会においては「施設運営指針」「施設運営の手引書」の作成に入っており、これらを踏まえた、「評価基準のガイドラインの見直し」については、平成23年度末に厚生労働省より発出される予定となっております。各都道府県ではこのガイドラインを踏まえて評価基準の検討作業に入る予定です。こらら一連の作業に時間を要することから、厚生労働省としても、平成24年度後半からの実施を想定しています。

【児童福祉施設最低基準及び児童福祉法施行規則の一部を改正する省令等の施行について】


【支援機構NEWS No.10】発行しました

平成23年度が始まりました。
今年度も支援機構事務局の情報を発信していきたいと思います。

皆様のご意見をお寄せください。

「新規受診事業所 随時受付中!」

【 支援機構NEWS No.10 】


月刊福祉2011年6月号(特集「なぜ第三者評価が必要か」)に京都における第三者評価が掲載されました。

全国社会福祉協議会が発行している「月刊福祉」2011年6月号に京都介護・福祉サービス第三者評価等支援機構の記事が掲載されました。

転載は禁止します。
出典:『月刊福祉』2011年6月号(第94巻第7号)、40-43頁(全国社会福祉協議会)2011
掲載許可済(2011年6月9日)

【 「月刊福祉」2011年6月号 】


平成22年度 苦情・意見一覧

平成22年度に支援機構事務局に寄せられた、苦情・意見を掲載いたしました。

【 H22第三者評価支援機構 苦情(掲載用) 】


平成23度 介護サービス評価調査者養成研修の開催について

本研修への参加要件は、京都府から認定された「評価機関」並びに支援機構「参画団体」の代表者から推薦を得られる方が対象となります。

つきましては、受講を希望される方は、開催要綱の内容をご確認いただき応募してください。

申請書類は、団体・評価機関にて取りまとめの上、郵送にてお願いいたします。

★申込締切:平成23年5月31日(火)当日必着のこと

今年度も部分受講が可能ですので、詳しくは開催要綱の 7.募集定員の欄を
ご覧下さい。

開催要綱
カリキュラム
応募書類一式(登録サーベイヤ・審査委員会委員申請書・・最終頁含む)


平成23年度 受診事業所(福祉分野)の募集について

平成23年度 第三者評価福祉サービス受診事業所の募集を開始します。

詳細は下記の募集要項をご覧ください。

なお、保育所・障害事業所の第三者評価受診に関しましては
第三者評価サイトより受診応募票をダウンロードしてください。

募集のお知らせ
受診応募票(共通/付加基準)


平成23年度 受診事業所(介護分野)の募集について

平成23年度 第三者評価介護サービス受診事業所の募集を開始します。

詳細は下記の募集要項をご覧ください。

募集のお知らせ
受診応募票


平成22年度 介護サービス評価調査者フォローアップ研修のお知らせ

平成23年2月10日、2月18日、2月23日の日程にて
フォローアップ研修を開催いたします。

今回は講座番号によって参加対象、会場が異なって
おりますので、お間違えのないようお申込みください。

詳しくは、添付の開催要綱とカリキュラムをご覧下さい。

=========================

 締切 平成23年1月21日(金)午前中必着

=========================

◆注意◆
講座番号①②については、先着順受付のため
平成23年1月11日(火)10:00~の申込とします。

介護サービス評価調査者フォローアップ研修 開催要綱(申込書あり)

介護サービス評価調査者フォローアップ研修 カリキュラム


福祉サービス評価調査者フォローアップ研修(会場変更について)

本本日の福祉サービス評価調査者フォローアップ研修の
会場が変更となっております。

お間違えのないよう、お願いいたします。

ハートピア京都 3階 視聴覚室

京都社会福祉会館 1階 第1会議室


支援機構ニュース NO.9

支援機構では幹事会に新たなメンバーを
むかえ課題検討を進めていきます。

第三者評価についてのご質問、ご相談
または第三者評価評価機関の立ち上げなどについては
事務局までご連絡ください。

TEL:075-252-6291

支援機構ニュース NO.9


支援機構ニュース NO.8

今年度、福祉サービス(障害分野)評価項目を改訂しました。
新規評価機関も募集中です。

第三者評価事業について、ご質問、ご相談などは
事務局までご連絡ください。

TEL:075-252-6291

支援機構ニュース NO.8


福祉サービス第三者評価の評価機関募集のお知らせ

支援機構では、福祉サービス第三者評価の評価機関募集を行います。
募集期間:平成22年10月19日(火)~11月12日(金)
 *申請は年間を通じて受付しています。

申請される場合は、「募集のお知らせ」と「認定要綱」をご確認の上、支援機構事務局までお申し込み下さい。

なお、評価調査者養成研修については、別紙をご参照ください。

募集のお知らせ

評価機関認定要綱